ボーダフォン・グループ(VOD)決算分析と目標株価 携帯電話契約数は2.7億件 うち南アフリカのボーダコムは0.9億件

ボーダフォン電気通信サービス

過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とボーダフォン・グループへの投資についてコメントします。

スポンサーリンク

会社概要

ボーダフォン・グループ(Vodafone Group PLC、VOD.L、VOD)

ホームページ(IR):リンク先

国:ドイツ

セクター:コミュニケーション・サービス

産業グループ:電気通信サービス

サブ産業グループ:無線通信サービス

株式時価総額:477億ドル(2021年6月末)

ボーダフォン・グループは、イギリスに本拠を置く、欧州や中東、アフリカ等で事業を展開する大手電気通信事業者です。

傘下に、南アフリカに本拠を置く通信事業者であるボーダコム(約6割の株式を保有)等があります。

(参考)競合他社(電気通信サービス)の株式時価総額(2021年6月末)

 株式時価総額
(億ドル)
ベライゾン(VZ)2,320
AT&T(T)2,063
TモバイルUS(TMUS)1,806
ソフトバンクグループ(9984.T)1,195
チャイナ・モバイル(0941.HK)1,280
ドイツ・テレコム(DTE.GE)1,010
NTT(9432.T)952
KDDI(9433.T)703
ソフトバンク(9434.T)614
ボーダフォン・グループ(VOD)477
アメリカ・モービル(AMX)497
BCE(BCE)448

 

売上高(セグメント別)の推移

FY2020(2020年4月-2021年3月期)の売上高は438億ポンドと、前年度比▲2.6%、過去5年間で年率▲2.5%となりました。

 

セグメント別の売上高は、以下の通りです。

・ドイツ:130億ポンド、前年度比+8%

・イタリア:50億ポンド、前年度比▲9%

・イギリス:62億ポンド、前年度比▲5%

・スペイン:42億ポンド、前年度比▲3%

・その他欧州:55億ポンド、前年度比+0%

・ボーダコム:52億ポンド、前年度比▲6%

・その他:38億ポンド、前年度比▲14%

 

セグメント別の売上高構成比は、ドイツが30%、イタリアが12%、イギリスが14%、スペインが10%、その他欧州が13%、ボーダコムが12%を占めます。

 

2020年12月末のモバイル顧客数は2.70億(前年度比+1%)、うち欧州が1.08億(前年度比▲2%)、モーダコムが0.88億(前年度比+4%)、その他が0.74億(前年度比+2%)となりました。

 

利益(セグメント別)の推移

FY2020の調整後EBITDAは144億ポンドと、前年度比▲3.3%、過去5年間で年率+0.3%となりました。

調整後EBITDAマージンは32.8%と、前年度の33.1%とほぼ同水準となりました。

 

セグメント別の調整後EBITDAマージンは、以下の通りです。

 

FY2020の非GAAP EPSは0.081ポンドと、前年度比+44.3%、過去5年間で年率+3.3%となりました。

 

キャッシュフローの推移

FY2020の営業キャッシュフローは172億ポンドと、前年度比▲0.9%、過去5年間で年率+3.7%となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は39.3%と、前年度の38.6%から改善しました。

 

FY2020のフリーキャッシュフローは86億ポンドと、前年度比▲12.3%、過去5年間で年率+80.1%となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は19.6%と、前年度の21.7%から悪化しました。

 

株主還元(配当、自社株買い)の推移

自社株買いに消極的です。

 

(参考)過去5年間の株主還元利回り(株価は各会計年度末時点)

FY2020の益利回り(PERの逆数)は0.3%、フリーキャッシュフロー利回りは21.9%です。

FY2020の配当利回りは6.8%です。

 

(参考)過去5年間の配当性向、総還元性向

FY2020の配当性向(キャッシュフロー)は、約30%です。

 

(参考)過去5年間のDPS(1株当たり配当金)

FY2020のDPSは0.09ポンドと、前年度比+0.0%、過去5年間で年率▲9.1%となりました。

 

(参考)過去5年間の発行済株式数

発行済株式数は、過去5年間で年率+2.1%となりました。

 

株価上昇率

FY2020(2020年4月から2021年3月末)の株価上昇率は+16.7%と、世界株式を投資対象とするVT ETFの上昇率(+54.9%)を下回りました。

過去5年間(2016年4月から2021年3月末)の株価上昇率は年率▲9.8%と、VT ETF(年率+11.0%)を大きく下回りました。

 

競合他社(電気通信サービス)の株価上昇率(9984.T、9432.T、9433.T、9434.Tは日本円建て、0941.HKは香港ドル建て、DTE.GEはユーロ建て)は、以下の通りです。

ボーダフォン・グループ(VOD、USドル建て)の株価上昇率は、2020年の1年間で▲15%と、12社平均(+2%)を下回り、12社中第10位となりました。

2018年1月から2020年12月の3年間では▲48%と、11社平均(+6%)を下回り、11社中第11位となりました。

 

過去10年間(2011年6月から2021年5月)のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

2015年6月からドローダウン(最大▲60%)が続いています。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

下降トレンドを脱出するまで様子見が良さそうです。

 

DCF法による目標株価

DCF(Discounted Cash Flow)法とは、将来に渡って生み出すキャッシュフローを割り引く(WACC、加重平均資本コスト)ことで理論価格を算出します。

以下のシナリオに基づき、フリーキャッシュフローの現在価値とネット有利子負債を合計して株主価値を算出し、株主価値を発行済株式総数で割ることで、1株あたりの株価を算出します。

なお、WACCを4.9%、金利が1%上昇した場合は5.7%と推計しました。

以下のグラフは、各シナリオのフローキャッシュフロー(億ポンド)の推移となります。

① メインシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目〜5年目▲7%、6年目〜10年目▲5%。11年目以降の永続成長率は0%。

② アップサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目〜5年目▲5%、6年目〜10年目+0%。11年目以降の永続成長率は0%。

③ ダウンサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目〜6年目▲10%、7年目〜10年目▲5%。11年目以降の永続成長率は0%。

メインシナリオの目標株価は1.33ポンドとなります。

 

ボーダフォン・グループ(Vodafone Group PLC、VOD.L、VOD)への投資について

FY2020(2020年4月-2021年3月期)の売上高は438億ポンド(前年度比▲2.6%)、非GAAP EBITDAは144億ポンド(前年度比▲3.3%)となりました。

DCF法による目標株価は1.33ポンドのため、2021年5月末時点の株価1.28ポンドとほぼ同水準です。

なお、メインシナリオは、10年後の売上高が0.8倍(年率▲2%)、10年後に向けてフリーキャッシュフローマージンが13%まで低下することを想定したので、売上高またはフリーキッシュフローマージンがさらに上向けばより高い株価上昇が期待できます。

業績が苦戦していることから株価が絶不調ですが、何かのきっかけで業績回復がみえれば、株価の急騰が期待できます。

ベライゾン(VZ)決算分析と目標株価 業績拡大は期待できないが、配当利回りが比較的高く、株式市場の下落相場に強い
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とベライゾンへの投資についてコメントします。 会社概要 ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications、VZ) ホームペー...
AT&T(T)決算分析と目標株価 売上高・利益ともにジリ貧 高配当利回りは魅力的だが、増配余地が限定的
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とAT&Tへの投資についてコメントします。 会社概要 AT&T(AT&T、T) ホームページ(SECファイル):リンク先 ...
TモバイルUS(TMUS)決算分析と目標株価 契約件数が1億超と、ベライゾンに次ぐ米国第2位の携帯電話事業者
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とTモバイルUSへの投資についてコメントします。 会社概要 TモバイルUS(T-Mobile US, Inc.、TMUS) ホームページ(SEC):リンク...
ソフトバンクグループ(9984)決算分析と目標株価 投資先株式価値は約30兆円 アリババが全体の4割超を占める
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とソフトバンクグループへの投資についてコメントします。 会社概要 ソフトバンクグループ(SoftBank Group Corp.、9984.T) ホームペ...
ドイツ・テレコム(DTE.DE)決算分析と目標株価 傘下のTモバイルUSの業績拡大で、アメリカの売上高が約6割へ
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とドイツ・テレコムへの投資についてコメントします。 会社概要 ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom AG、DTE.DE) ホームページ(IR...
NTT(9432)決算分析と目標株価 子会社ドコモの業績は好調 金融/決済取扱高は7兆円(+31%)
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とNTTへの投資についてコメントします。 会社概要 日本電信電話(Nippon Telegram and Telephone Corporation、9432.T) ...
KDDI(9433)決算分析と目標株価 決済/金融取扱高は9兆円(+38%)を突破 au経済圏拡大中
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とKDDIへの投資についてコメントします。 会社概要 KDDI(KDDI Corporation、9433.T) ホームページ(有報):リンク先 ...
ソフトバンク(9434)決算分析と目標株価 Paypay決済取扱高は3兆円超 eコマース取扱高も3兆円を突破
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とソフトバンクへの投資についてコメントします。 会社概要 ソフトバンク(SoftBank Corp.、9434.T) ホームページ(有報):リンク先 ...
BCE(BCE)決算分析と目標株価 カナダ最大の電気通信事業者 配当方針はフリーキャッシュフローの約7割
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とBCEへの投資についてコメントします。 会社概要 BCE(BCE Inc.、BCE.TO、BCE) ホームページ(IR):リンク先 国:カ...
タイトルとURLをコピーしました