オクタ(OKTA)決算分析と目標株価 ID管理・認証機能をクラウドで提供するIDaaSとして注目

オクタ情報技術

過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とオクタへの投資についてコメントします。

スポンサーリンク

会社概要

オクタ(Okta、OKTA)

ホームページ(SECファイル):リンク先

国:アメリカ

セクター:情報技術

産業グループ:ソフトウェア・サービス

サブ産業グループ:インターネットサービスおよびインフラストラクチャー

株式時価総額:374億ドル(2021年6月末)

オクタは、アメリカに本拠を置く、企業が従業員のIDを管理する従業員ID管理と、企業が顧客のIDを管理する顧客ID管理および認証などの機能を、サブスクリプション形態を中心にクラウド上で提供するIDaaS(Identity as a Service)企業です。

オクタを利用するメリットは、1つのIDとパスワードだけで主要なクラウドサービスにログインできることや、不正アクセスが発見しやすいことなどが挙げられます。

オクタによれば、潜在的な市場規模(TAM)は、従業員ID管理が350億ドル、顧客ID管理が300億ドルとのことです。

2021年に、アプリやAPIなどに対して認証・認可の機能をクラウドで提供するIDaaS企業であるAuth0を、65億ドルで買収しました。

(参考)競合他社(インターネットサービスおよびインフラストラクチャー)の株式時価総額(2021年6月末)

 株式時価総額
(億ドル)
ショッピファイ(SHOP)1,813
スノーフレーク(SNOW)716
トゥイリオ(TWLO)681
オクタ(OKTA)374
ベリサイン(VRSN)256
モンゴDB(MDB)225
アカマイ・テクノロジーズ(AKAM)190
ウィックス(WIX)164
GDSホールディングス(GDS)147
ゴーダディ(GDDY)146
キングソフト・クラウドHD(KC)76
ファストリー(FSLY)69

 

売上高(セグメント別、地域別)の推移

FY2021(2020年2月-2021年1月期)の売上高は8.4億ドルと、前年度比+42.5%、過去5年間で年率+57.6%となりました。

 

2022Q2(2021年5−7月期)の売上高は3.2億ドル(前年同期比+57.4%)と、コンセンサス(2.9億ドル)を上回りました。

 

セグメント別の売上高は、以下の通りです。

・サブスクリプション:3.0億ドル、前年同期比+59%

・その他:0.1億ドル、前年同期比+27%

セグメント別の売上高構成比は、サブスクリプションが96%を占めます。

 

地域別の売上高構成比は、アメリカが79%、海外が21%を占めます。

 

顧客数、請求額、RPO(残存契約債務)、ネットリテンションレート(売上継続率)の推移

顧客数は13,050件(前年同期比+46%)となりました。

 

このうち、年間契約額10万ドル超の顧客数は2,610件(前年同期比+55%)となりました。

 

請求額(会計上未認識だが顧客と契約済みの案件も含めた売上高)は3.6億ドル(前年同期比+83%)となりました。

 

RPO(残存契約債務、受注残に相当)は22.4億ドル(前年同期比+57%)、うち今後1年間のRPOは11.0億ドル(前年同期比+60%)となりました。

 

ネットリテンションレート(既存顧客の売上継続率)は124%と、100%を大きく超えて推移しており、追加的なサービス等により既存顧客の支払いが増加していることを意味します。

 

利益の推移

2022Q2の非GAAP 営業利益は▲0.2億ドル(前年同期比赤字転落)、非GAAP 営業利益率は▲7.8%と、前年同期の3.2%から悪化しました。

 

2022Q2のEPSは▲1.83ドルと、コンセンサス(▲0.92ドル)を下回りました。

非GAAP EPSは▲0.11ドルと、コンセンサス(▲0.33ドル)を上回りました。

 

キャッシュフローの推移

FY2021の営業キャッシュフローは1.3億ドルと、前年度比+130.1%となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は15.3%と、前年度の9.5%から改善しました。

 

2022Q2の営業キャッシュフローは▲0.0億ドル(前年同期比赤字転落)となりました。

 

FY2021のフリーキャッシュフローは1.1億ドルと、前年度比+299.5%となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は13.2%と、前年度の4.7%から改善しました。

 

2022Q2のフリーキャッシュフローは▲0.0億ドル(前年同期比赤字転落)となりました。

 

売上高およびEPSの実績値とコンセンサスの推移

売上高の実績値(コンセンサス比)は、過去10四半期中、10勝です。

EPSの実績値(コンセンサス比)は、過去10四半期中、1勝、9敗です。

非GAAP EPSの実績値(コンセンサス比)は、過去10四半期中、10勝です。

 
売上高(ドル)GAAP EPS(ドル)非GAAP EPS(ドル)
実績値コンセンサス勝敗実績値コンセンサス勝敗実績値コンセンサス勝敗
2020Q11.31.2-0.46-0.43×-0.19-0.21
2020Q21.41.3-0.37-0.34×-0.05-0.10
2020Q31.51.4-0.53-0.41×-0.03-0.08
2020Q41.71.6-0.42-0.40×-0.01-0.05
2021Q11.81.7-0.47-0.55-0.06-0.16
2021Q22.01.9-0.48-0.41×0.07-0.02
2021Q32.22.0-0.56-0.48×0.04-0.01
2021Q42.32.2-0.58-0.53×0.06-0.01
2022Q12.52.4-0.83-0.77×-0.10-0.20
2022Q23.22.9-1.83-0.92×-0.11-0.33

 

株価上昇率

FY2021の株価上昇率は+102.3%と、S&P500(+15.2%)を上回りました。

 

2022Q2の株価上昇率は▲8.1%と、S&P500(+5.1%)を下回りました。

 

競合他社(インターネットサービスおよびインフラストラクチャー)の株価上昇率(ドル建て)は、以下の通りです。

オクタ(OKTA)の株価上昇率は、2020年の1年間で+120%と、10社平均(+130%)を下回り、10社中第5位となりました。

2018年1月から2020年12月の3年間では+893%と、9社平均(+580%)を上回り、9社中第4位となりました。

 

2017年4月から2021年8月のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

 

DCF法による目標株価

DCF(Discounted Cash Flow)法とは、将来に渡って生み出すキャッシュフローを割り引く(WACC、加重平均資本コスト)ことで理論価格を算出します。

以下のシナリオに基づき、フリーキャッシュフローの現在価値とネット有利子負債を合計して株主価値を算出し、株主価値を発行済株式総数で割ることで、1株あたりの株価を算出します。

なお、WACCを7.0%と推計しました。

以下のグラフは、各シナリオのフローキャッシュフロー(億ドル)の推移となります。

① メインシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目+0%、2年目+200%、3年目+70%、4年目+40%、5年目+40%、6年目〜10年目+30%。11年目以降の永続成長率は0%。

② アップサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目+0%、2年目+200%、3年目+70%、4年目〜10年目+40%。11年目以降の永続成長率は0%。

③ ダウンサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目+0%、2年目+200%、3年目+70%、4年目〜5年目+30%、6年目〜10年目+20%。11年目以降の永続成長率は0%。

メインシナリオの目標株価は267ドルとなります。

・メインシナリオ:267ドル

・アップサイドシナリオ:371ドル

・ダウンサイドシナリオ:165ドル

オクタ(Okta、OKTA)への投資について

2022Q2(2021年5−7月期)の売上高は3.2億ドル(コンセンサス2.9億ドル)、非GAAP EPSは▲0.11ドル(コンセンサス▲0.33ドル)と、これまで通りコンセンサスを上回る実績となりました。

2022Q3のガイダンスは、以下の通りです。

・売上高:3.25〜3.27億ドル(コンセンサス3.19億ドル)

・非GAAP EPS:▲0.25〜▲0.24ドル(コンセンサス▲0.33ドル)

FY2022のガイダンスは、以下の通りです。

・売上高:12.43〜12.50億ドル(コンセンサス12.2億ドル)

・非GAAP EPS:▲0.77〜▲0.74ドル(コンセンサス▲1.11ドル)

DCF法による目標株価は267ドルのため、2021年8月末時点の株価264ドルとほぼ同水準です。

なお、メインシナリオは、10年後の売上高が16.9倍(年率+33%)、10年後に向けてフリーキャッシュフローマージンが30%まで上昇することを想定したので、フリーキャッシュフローマージンがさらに上向けばより高い株価上昇が期待できます。

Auth0を65億ドルで買収したことの透明性や、CFOの突然の退任といったネガティブなニュースが、株価の上値を抑えていますが、時間の経過とともに好調な業績が続けば株価再上昇は期待できます。

どこかのタイミングで投資を検討したいと思います。

ショッピファイ(SHOP)決算分析と目標株価 取引総額(GMV)・決済総額(GPV)急増で、業績は絶好調
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とショッピファイへの投資についてコメントします。 会社概要 ショッピファイ (Shopify、SHOP) ホームページ(IR):リンク先 国...
トゥイリオ(TWLO)決算分析と目標株価 低コストで簡単にコミュニケーションプラットフォームを提供するCPaaS最大手
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とトゥイリオへの投資についてコメントします。 会社概要 トゥイリオ(Twilio、TWLO) ホームページ(SECファイル):リンク先 国:...
モンゴDB(MDB)決算分析と目標株価 非構造化データ(画像等)の急増で恩恵 データベース最大手のオラクルを追撃中
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とモンゴDBへの投資についてコメントします。 会社概要 モンゴDB(MongoDB、MDB) ホームページ(SECファイル):リンク先 国:...
ウィックス(WIX)決算分析と目標株価 簡単にホームページ作成を可能にするイスラエル企業 決済総額が2倍超と急拡大
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とウィックスへの投資についてコメントします。 会社概要 ウィックスドットコム(Wix.com、WIX) ホームページ(SECファイル):リンク先 ...
ベリサイン(VRSN)決算分析と目標株価 .com管理のドメインレジストリ 安定収入でキャッシュフローマージンは5割超
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とベリサインへの投資についてコメントします。 会社概要 ベリサイン(VeriSign、VRSN) ホームページ(SECファイル):リンク先 ...
ゴーダディ(GDDY)決算分析と目標株価 大手ドメインレジストラ 自社株買いに積極的で総還元性向は4%
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とゴーダディへの投資についてコメントします。 会社概要 ゴーダディ(GoDaddy、GDDY) ホームページ(SECファイル):リンク先 国...
アカマイ(AKAM)決算分析と目標株価 コンテンツ配信ネットワーク(CDN)最大手 30万台以上のサーバーを配置
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とアカマイ・テクノロジーズへの投資についてコメントします。 会社概要 アカマイ・テクノロジーズ(Akamai Technologies、AKAM) ホーム...
ファストリー(FSLY)決算分析と目標株価 コンテンツ配信ネットワーク(CDN) エッジコンピューティング市場拡大期待
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とファストリーへの投資についてコメントします。 会社概要 ファストリー(Fastly、FSLY) ホームページ(SECファイル):リンク先 ...
タイトルとURLをコピーしました