シー・リミテッド(SE)決算分析と目標株価 オンラインゲームやeコマース、決済プラットフォームを東南アジアで展開

コミュニケーション・サービス

2020年10−12月期(FY2020Q4)および過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とシー・リミテッドへの投資についてコメントします。

スポンサーリンク

会社概要

シー・リミテッド(Sea Limited、SE)

ホームページ(IR):リンク先

国:シンガポール

セクター:コミュニケーション・サービス

産業グループ:メディア・娯楽

サブ産業グループ:インタラクティブ・ホームエンターテイメント

株式時価総額:1,017億ドル(世界ランキング第125位、2020年12月末)

シー・リミテッドは、シンガポールに本拠を置く、オンラインゲーム(Garena)やeコマース(Shopee)、決済プラットフォーム(SeaMoney)を、主に東南アジア向けに提供する企業です。

Shopeeは、東南アジアと台湾で最大のeコマースプラットフォームです。

(参考)競合他社(インタラクティブ・ホームエンターテイメント)の株式時価総額

コミュニケーション・サービスセクターの株式時価総額ランキング、リターン、配当利回り、PBR、PER、ROEの推移
世界の株式市場におけるセクター構成比率以下のグラフは、世界の株式市場における各セクターの構成比率(2021年3月末、MSCI)となります。コミュニケーション・サービスセクターは、第6位(9.4%)です。...

売上高(セグメント別)の推移

2020Q4(2020年10−12月期)の売上高は15.7億ドルと、前年同期比+101.6%となり、コンセンサス(15.1億ドル)を上回りました。

セグメント別の売上高は、以下の通りです。

・デジタルエンターテインメント:6.9億ドル、前年同期比+72%

・eコマース:8.4億ドル、前年同期比+178%

・デジタル金融サービス:0.2億ドル、前年同期比+660%

・その他:0.1億ドル、前年同期比▲90%

セグメント別の売上高構成比は、eコマースが54%、デジタルエンターテインメントが44%を占めます。

(参考)過去5年間の売上高

アクティブユーザー数、GMV、決済総額の推移

デジタルエンターテインメントにおいて、アクティブユーザー数は6.11億と、前年同期比+72%となり、有料ユーザー数は0.73億と、前年同期比+120%となりました。

eコマースにおいて、GMVは119億ドルと、前年同期比+113%となり、テイクレートは7.1%です。

デジタル金融サービスにおいて、TPVは29億ドルとなり、テイクレートは0.8%です。

利益(セグメント別)の推移

2020Q4(2020年10−12月期)の非GAAP EBITDAは0.5億ドルと、前年同期比黒字転換しました。

セグメント別の営業利益は、以下の通りです。

・デジタルエンターテインメント:4.0億ドル、前年同期比+93%

・eコマース:▲4.7億ドル

・デジタル金融サービス:▲1.7億ドル

・その他:▲0.1億ドル

キャッシュフローの推移

2020Q4(2020年10−12月期)の営業キャッシュフローは1.9億ドルと、前年同期比黒字転換となり、営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は11.8%と、前年同期の▲3.6%から改善しました。

(参考)過去5年間の営業キャッシュフロー

売上高およびEPSの実績値とコンセンサスの推移

以下のグラフは、売上高のコンセンサスおよび実績値の推移となります。

過去11四半期中、11勝です。

以下のグラフは、EPSのコンセンサスおよび実績値の推移となります。

過去6四半期中、2勝、4敗です。

株価上昇率

過去1年間(2020年1月から2020年12月末)の株価上昇率は+394.9%と、世界株式を投資対象とするVT ETFの上昇率+14.3%を大きく上回りました。

競合他社(インタラクティブ・ホームエンターテイメント)の株価上昇率(7974.T、3659.Tは日本円建て)は、以下の通りです。

シー・リミテッド(SE)の株価上昇率は、2020年の1年間で+395%と、8社平均(+143%)を上回り、8社中第1位となりました。

2018年1月から2020年12月の3年間では+1,393%と、7社平均(+251%)を下回り、7社中第1位となりました。

DCF法による目標株価

DCF(Discounted Cash Flow)法とは、将来に渡って生み出すキャッシュフローを割り引く(WACC、加重平均資本コスト)ことで理論価格を算出します。

以下のシナリオに基づき、フリーキャッシュフローの現在価値とネット有利子負債を合計して株主価値を算出し、株主価値を発行済株式総数で割ることで、1株あたりの株価を算出します。

なお、WACCを7.0%、金利が1%上昇した場合は8.0%と推計しました。

以下のグラフは、各シナリオのフローキャッシュフロー(億ドル)の推移となります。

※FY2020のフリーキャッシュフローは暫定値

① メインシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目+100%、2年目〜3年目+80%、4年目〜8年目+40%、9年目〜10年目+30%。11年目以降の永続成長率は0%。

② アップサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目+100%、2年目〜3年目+80%、4年目〜5年目+50%、6年目〜10年目+40%。11年目以降の永続成長率は0%。

③ ダウンサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目+100%、2年目〜3年目+80%、4年目〜10年目+20%。11年目以降の永続成長率は0%。

メインシナリオの目標株価は250ドルとなります。

シー・リミテッド(Sea Limited、SE)への投資について

2020Q4(2020年10−12月期)の売上高は15.7億ドル(前年同期比+102%)と、コンセンサス(15.1億ドル)を上回る実績となりました。

FY2021のガイダンスは、以下の通りです。

・デジタルエンターテインメント受注残:43〜45億ドル(+38.1%)

・eコマース売上高:45〜47億ドル(+112.3%)

なお、メインシナリオは、10年後の売上高が26.7倍(年率+39%)、10年後に向けてフリーキャッシュフローマージンが10%まで上昇することを想定したので、フリーキャッシュフローマージンがさらに上向けばより高い株価上昇が期待できます。

投資継続です。

ネットイース決算分析 ゲームに加え、オンライン教育(有道)が好調(2020年7-9月)
2020年7−9月期(FY2020Q3)および過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とネットイースへの投資についてコメントします。会社概要ネットイース(NetEase、網易、9999.HK、NTES)国:中国...
タイトルとURLをコピーしました