ネクステラ・エナジー(NEE)決算分析と目標株価 公益事業セクタートップ企業 相対的に高い利益成長 2桁増配継続

銘柄分析

過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とネクステラ・エナジーへの投資についてコメントします。

スポンサーリンク

会社概要

ネクステラ・エナジー(NextEra Energy、NEE)

ホームページ(SECファイル):リンク先

国:アメリカ

セクター:公益事業

産業グループ:電力

サブ産業グループ:電力

株式時価総額:1,511億ドル(世界ランキング第75位、2020年12月末)

ネクステラ・エナジーは、アメリカに本拠を置く、フロリダ州南東部を中心に電力を供給するFPLや、フロリダ州北西部に電力を供給するガルフ・パワー(2019年に買収)、全米で再生可能エネルギー(風力、太陽光発電)により電力を供給するNEERを傘下に持つ企業です。

公益事業セクターで第1位の浮動株調整後株式時価総額(2020年12月末、MSCI)で、電力に占めるネクステラ・エナジーの浮動株調整後株式時価総額比率は14%です。

公益事業セクターの株式時価総額ランキング、リターン、配当利回り、PBR、PER、ROEの推移
世界の株式市場におけるセクター構成比率以下のグラフは、世界の株式市場における各セクターの構成比率(2021年3月末、MSCI)となります。公益事業セクターは、第10位(2.9%)です。公益事業セクタ...

売上高(セグメント別)の推移

2021Q1(2021年1−3月期)の売上高は37億ドル(前年同期比▲19.2%)と、コンセンサス(49億ドル)を下回りました。

セグメント別の売上高は、以下の通りです。

・フロリダ州発電:26.2億ドル、前年同期比+3.3%

・ガルフパワー:3.5億ドル、前年同期比+5.8%

・再生可能エネルギー:7.8億ドル、前年同期比▲56.0%

(参考)過去5年間の売上高

売上高は、過去5年間で年率+0.6%となりました。

利益(セグメント別)の推移

2021Q1の非GAAP 純利益は13億ドル(前年同期比+13.7%)、非GAAP 純利益率は35.7%と、前年同期の25.4%から改善しました。

セグメント別の非GAAP 純利益率は、以下の通りです。

2021Q1のEPSは0.84ドルと、コンセンサス(0.55ドル)を上回りました。

非GAAP EPSは0.67ドルと、コンセンサス(0.58ドル)を上回りました。

(参考)過去5年間のEPS

非GAAP EPSは、過去5年間で年率+10.1%となりました。

キャッシュフローの推移

FY2020の営業キャッシュフローは80億ドルと、前年度比▲2.1%、過去3年間で年率+7.3%となりました。

株主還元(配当、自社株買い)の推移

自社株買いの実施はなしです。

(参考)過去5年間の株主還元利回り(株価は各会計年度末時点)

益利回り、配当利回りともに低下傾向にあります。

(参考)過去5年間の配当性向

過去5年間の配当性向(非GAAP)は60%程度です。

(参考)過去5年間のDPS(1株当たり配当金)

FY2020のDPSは1.40ドルと、前年度比+12.0%、過去5年間で年率+10.7%となりました。

FY2021のDPSは1.54ドル(前年度比+10.0%)の予定です。

売上高およびEPSの実績値とコンセンサスの推移

以下のグラフは、売上高のコンセンサスおよび実績値の推移となります。

過去7四半期中、1勝、6敗です。

以下のグラフは、EPSのコンセンサスおよび実績値の推移となります。

過去7四半期中、3勝、4敗です。

以下のグラフは、非GAAP EPSのコンセンサスおよび実績値の推移となります。

過去7四半期中、6勝、1敗です。

株価上昇率

過去1年間(2020年4月から2021年3月末)の株価上昇率は+25.7%と、S&P500の株価上昇率+53.7%を下回りました。

競合他社(公益事業セクター)の株価上昇率(ドル建て)は、以下の通りです。

大手3社の株価上昇率(2020年)は、相対的に高い水準となりました。

株式市場全体の下落局面における株価上昇率(ドル建て)は、以下の通りです。

公益事業セクターは、下落相場に強い傾向があります。

過去10年間(2011年5月から2021年4月)のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

最高値から10%程度下落すると反発する傾向にあるため、その時が狙い目です。

(参考)過去5年間の株価上昇率

過去5年間(2016年1月から2020年12月末)の株価上昇率は年率+24.3%と、S&P500(年率+12.9%)を大きく上回りました。

(参考)株価の推移(月末株価)

目標株価

公益事業セクターは、倒産リスクが低く、安定した業績が期待できることから、国債より高い配当利回りに注目が集まります。

以下のグラフは、配当利回りとスプレッド(米国10年金利差)の推移です。

ネクステラ・エナジーは、利益成長率が高いことから、公益事業セクターのなかでは相対的に配当利回りが低いです。

メインシナリオのスプレッドを0.5%、アップサイドシナリオのスプレッドを▲0.5%、ダウンサイドシナリオのスプレッドを1%としました。

メインシナリオの目標株価は72ドルとなります。

ネクステラ・エナジー(NextEra Energy、NEE)への投資について

2021Q1(2021年1−3月期)の売上高は37億ドルと、コンセンサス(49億ドル)を下回りましたが、非GAAP EPSは0.67ドルと、コンセンサス(0.58ドル)を上回る実績となりました。

FY2021のガイダンスは、以下の通りです。

・非GAAP EPS:2.40〜2.54ドル(FY2020:2.31ドル)

 FY2022とFY2023の非GAAP EPSは、前年度比+6〜8%

目標株価は72ドルのため、2021年4月末時点の株価78ドルより低い水準です。

公益事業セクターとしては珍しく、過去5年間の株価上昇率は株式市場全体を大きく上回りました。

公益事業セクターのなかでは、ネクステラ・エネジーが魅力的ですが、割高感がみられるため、株価が下落した局面では投資したいと思います。

デューク・エナジー(DUK)決算分析と目標株価 今後の長期EPS成長率+5〜7% 配当利回りは4%
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とデューク・エナジーへの投資についてコメントします。会社概要デューク・エナジー(Duke Energy、DUK)ホームページ(SECファイル):リンク先国:アメリカ...
サザン(SO)決算分析と目標株価 エネルギーミックスは石炭比率が低下 毎年+3%超の増配を継続 配当利回りは4%
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とサザン・カンパニーへの投資についてコメントします。会社概要サザン・カンパニー(Southern Company、SO)ホームページ(SECファイル):リンク先国:ア...
タイトルとURLをコピーしました