インテル(INTC)決算分析と目標株価 自社株買いは年間100億ドル超で株主還元性向は10%と高水準

インテル情報技術

過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とインテルへの投資についてコメントします。

スポンサーリンク

会社概要

インテル(Intel、INTC)

ホームページ(SEC):リンク先

国:アメリカ

セクター:情報技術

産業グループ:半導体・半導体製造装置

サブ産業グループ:半導体

株式時価総額:2,267億ドル(世界ランキング第41位、2021年6月末)

インテルは、アメリカに本拠を置く、半導体(CPU等)の設計・製造・販売を行う大手半導体メーカーです。

エヌビディアなどの半導体メーカーは自社で半導体を設計し、台湾セミコンダクターのようなファウンドリー(受託生産)に製造を委託(生産設備を持たないファブレス)することが増えている一方、インテルは設計と製造を自社で行っています。

 

(参考)競合他社(半導体)の株式時価総額(2021年6月末)

 株式時価総額
(億ドル)
台湾セミコンダクター(TSM)6,232
エヌビディア(NVDA)4,985
インテル(INTC)2,267
ブロードコム(AVGO)1,956
テキサス・インスツルメンツ(TXN)1,776
クアルコム(QCOM)1,612
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)1,141
マイクロン・テクノロジー(MU)953
SKハイニックス(000660.KS)775
アナログ・デバイセズ(ADI)635
NXPセミコンダクターズ(NXPI)567
メディアテック(2454.TW)546
インフォニオン・テクノロジーズ(IFX.DE)525
マイクロチップ・テクノロジー(MCHP)410
STマイクロエレクトロニクス(STM)329

 

売上高(セグメント別)の推移

FY2020(2020年1-12月期)の売上高は779億ドルと、前年度比+8.2%、過去5年間で年率+7.1%となりました。

 

2021Q2(2021年4−6月期)の売上高は196億ドル(前年同期比▲0.5%)、非GAAP売上高は185億ドルと、コンセンサス(178億ドル)を上回りました。

 

セグメント別の売上高は、以下の通りです。

・データセンター:65億ドル、前年同期比▲9%

・IOT:13億ドル、前年同期比+61%

・不揮発性メモリーソリューションズ:11億ドル、前年同期比▲34%

・プログラマブルソリューションズ:5億ドル、前年同期比▲3%

・パソコン向け半導体:101億ドル、前年同期比+6%

セグメント別の売上高構成比は、パソコン向け半導体が52%、データセンターが33%を占めます。

 

半導体の市場規模の見込み

2020年の半導体の市場規模は4,404億ドル(前年度比+7%)となりました。

WSTSによると、2021年予想は5,272億ドル(前年度比+20%)、2022年予想は5,734億ドル(前年度比+9%)です。

 

利益(セグメント別)の推移

FY2020の営業利益は237億ドルと、前年度比+7.5%、過去5年間で年率+11.1%となりました。

 

2021Q2の営業利益は55億ドル(前年同期比▲2.7%)となりました。

 

セグメント別の営業利益率は、以下の通りです。

 

FY2020の非GAAP EPSは5.30ドルと、前年度比+8.8%、過去5年間で年率+16.3%となりました。

 

2021Q2のEPSは1.24ドルと、コンセンサス(1.05ドル)を上回りました。

非GAAP EPSは1.28ドル(前年同期比+4.1%)と、コンセンサス(1.07ドル)を上回りました。

 

キャッシュフローの推移

FY2020の営業キャッシュフローは354億ドルと、前年度比+6.8%、過去5年間で年率+13.2%となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は45.4%と、前年度の46.1%とほぼ同水準となりました。

 

2021Q2の営業キャッシュフローは87億ドル(前年同期比▲21.6%)となりました。

 

FY2020のフリーキャッシュフローは211億ドルと、前年度比+24.8%、過去5年間で年率+12.6%となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は27.1%と、前年度の23.5%から改善しました。

 

2021Q2のフリーキャッシュフローは51億ドル(前年同期比▲33.6%)となりました。

 

株主還元(配当、自社株買い)の推移

自社株買いに積極的です。

 

(参考)過去5年間の株主還元利回り(株価は各会計年度末時点)

FY2020の益利回り(PERの逆数)は9.9%、フリーキャッシュフロー利回りは10.0%と、バリュエーション面で割安感があります。

FY2020の配当利回りは2.6%、総還元利回りは9.4%と高水準です。

 

(参考)過去5年間の配当性向、総還元性向

過去3年間の配当性向は、利益・キャッシュフローベースともに、40%以下です。

 

(参考)過去5年間のDPS(1株当たり配当金)

FY2020のDPSは1.32ドルと、前年度比+4.8%、過去5年間で年率+6.6%となりました。

 

(参考)過去5年間の発行済株式数

発行済株式数は、過去5年間で年率▲2.9%となりました。

 

売上高およびEPSの実績値とコンセンサスの推移

売上高の実績値(コンセンサス比)は、過去8四半期中、8勝です(※2021Q2は非GAAPベース)

EPSの実績値(コンセンサス比)は、過去8半期中、6勝、2敗です。

非GAAP EPSの実績値(コンセンサス比)は、過去8半期中、7勝、1引き分けです。

 
売上高(ドル)GAAP EPS(ドル)非GAAP EPS(ドル)
実績値コンセンサス勝敗実績値コンセンサス勝敗実績値コンセンサス勝敗
2019Q31921811.351.161.421.24
2019Q42021921.581.231.521.25
2020Q11981871.311.201.451.27
2020Q21971861.191.041.231.11
2020Q31831831.021.04×1.111.11
2020Q42001751.421.041.521.11
2021Q11971800.821.07×1.391.14
2021Q21851781.241.051.281.07

 

株価上昇率

FY2020の株価上昇率は▲16.8%と、S&P500(+16.3%)を下回りました。

過去5年間(2016年1月から2020年12月末)の株価上昇率は年率+7.7%と、S&P500(年率+12.9%)を下回りました。

 

2021Q2の株価上昇率は▲12.3%と、S&P500(+8.2%)を下回りました。

 

競合他社(半導体)の株価上昇率(000660KSは韓国ウォン建て、2454.TWは台湾ドル建て、IFX.DEはユーロ建て、その他はUSドル建て)は、以下の通りです。

インテル(INTC)の株価上昇率は、2020年の1年間で▲17%と、15社平均(+49%)を下回り、15社中第15位となりました。

2018年1月から2020年12月の3年間では+8%と、15社平均(+131%)を下回り、15社中第15位となりました。

 

過去10年間(2011年7月から2021年6月)のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

最高値から20%程度下落すると反発する傾向にあるため、その時が狙い目です。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

 

DCF法による目標株価

DCF(Discounted Cash Flow)法とは、将来に渡って生み出すキャッシュフローを割り引く(WACC、加重平均資本コスト)ことで理論価格を算出します。

以下のシナリオに基づき、フリーキャッシュフローの現在価値とネット有利子負債を合計して株主価値を算出し、株主価値を発行済株式総数で割ることで、1株あたりの株価を算出します。

なお、WACCを6.4%と推計しました。

以下のグラフは、各シナリオのフローキャッシュフロー(億ドル)の推移となります。

① メインシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目▲20%、2年目〜10年目+2%。11年目以降の永続成長率は0%

② アップサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目▲20%、2年目〜10年目+4%。11年目以降の永続成長率は0%

③ ダウンサイドシナリオ

 フリーキャッシュフローの成長率:1年目▲20%、2年目〜10年目▲1%。11年目以降の永続成長率は0%

メインシナリオの目標株価は68ドルとなります。

・メインシナリオ:68ドル

・アップサイドシナリオ:79ドル

・ダウンサイドシナリオ:55ドル

 

インテル(Intel、INTC)への投資について

2021Q2(2021年4−6月期)の非GAAP 売上高は185億ドル(コンセンサス178億ドル)、非GAAP EPSは1.28ドル(コンセンサス1.07ドル)と、コンセンサスを大きく上回る実績となりました。

2021Q3のガイダンスは、以下の通りです。

・売上高:191億ドル

・非GAAP EPS:1.10ドル(コンセンサス1.02ドル)

FY2021のガイダンスは、以下の通りです。

・売上高:776億ドル

・非GAAP EPS:4.80ドル(コンセンサス4.11ドル)

決算発表を受けて、株価は下落しました。

DCF法による目標株価は68ドルのため、2021年6月末時点の株価56ドルより高い水準です。

なお、メインシナリオは、10年後の売上高が1.3倍(年率+3%)、10年後に向けてフリーキャッシュフローマージンが20%まで低下(FY2020:27%)することを想定したので、売上高またはフリーキャッシュフローマージンがさらに上向けばより高い株価上昇が期待できます。

半導体セクターの中では負け組のインテルですが、益利回りやフリーキャシュフロー利回りが高く、割安株となっています。

台湾セミコンダクター(TSM)決算分析と目標株価 回路線幅の微細化が強み 利益率が改善し、キャッシュフロー拡大
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出と台湾セミコンダクターへの投資についてコメントします。 会社概要 台湾セミコンダクター(Taiwan Semicondutor、2330.TW、TSM) ...
エヌビディア(NVDA)決算分析と目標株価 画像処理用GPUを汎用計算に応用し、AIや自動運転等に活用 業績拡大が期待 
過去の業績の推移を解説し、目標株価の算出とエヌビディアへの投資についてコメントします。 会社概要 エヌビディア(Nvidia Corporation、NVDA) ホームページ(SECファイル):...
タイトルとURLをコピーしました