QQQ(ナスダック100連動型ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2022年3月末)

QQQ投資信託、ETF
スポンサーリンク

会社概要

インベスコ(Invesco)

ホームページ:リンク先

国:アメリカ

インベスコ(Invesco)は、アメリカに本拠を置く、1935年に設立された、独立系の資産運用会社です。

2021年3月末時点のAUMは1.4兆ドルです。

 

QQQの特徴

QQQ(インベスコQQQトラスト・シリーズ1)は、株価指数の開発・算出等を手掛けるナスダック社が算出するナスダック100に連動することを目指したETFです。

ナスダック100はアメリカのナスダック市場に上場する時価総額上位100社(除く金融)で構成されます。 

S&P500はアメリカ企業のみで構成され、採用基準に黒字であることが求められる一方、ナスダック100はアメリカ以外の企業も対象となり、赤字企業でも採用される可能性があることから、成長率が高い新興企業も含まれる点が大きな特徴です。

経費率は0.20%と、バンガードのETFと比較するとやや高いですが、日本のインデックスファンドとほぼ同水準で低コストと言えます。

QQQの特性は、以下の通りです。

ROEが非常に高い水準です。

 
QQQ(2022年3月末)
銘柄数102
時価総額(平均)
1兆162億ドル
PER28.00倍
予想PER25.47倍
PBR7.89倍
ROE44.8%

 

セクター比率(2022年3月末)は、以下の通りです。

情報技術セクターが過半を占めます。

 

QQQの保有全銘柄と各銘柄の株価上昇率

QQQの構成全銘柄(2022年3月末)は、以下の通りです。

第1位はアップル(AAPL)の12.5%、第2位はマイクロソフト(MSFT)の10.2%、第3位はアマゾン(AMZN)の6.6%です。

102銘柄を保有していますが、上位10銘柄の保有比率は約54%と高水準です。

 銘柄名コードセクター(GICS)保有比率株価上昇率(2022年3月)
株価上昇率(年初来)
1アップルAAPL情報技術12.5%5.7%-1.7%
2マイクロソフトMSFT情報技術10.1%3.2%-8.3%
3アマゾンAMZN一般消費財・サービス7.3%6.1%-2.2%
4テスラTSLA一般消費財・サービス4.9%23.8%2.0%
5エヌビディアNVDA情報技術4.2%11.9%-7.2%
6アルファベットCGOOGコミュニケーション・サービス3.9%3.5%-3.5%
7アルファベットAGOOGLコミュニケーション・サービス3.7%3.0%-4.0%
8メタ・プラットフォームズFBコミュニケーション・サービス3.4%5.4%-33.9%
9ブロードコムAVGO情報技術1.9%7.2%-5.4%
10コストコCOST生活必需品1.9%10.9%1.4%
11シスコシステムズCSCO情報技術1.7%0.0%-12.0%
12ペプシコPEP生活必需品1.7%2.2%-3.6%
13アドビADBE情報技術1.6%-2.6%-19.7%
14コムキャストCMCSAコミュニケーション・サービス1.5%0.1%-7.0%
15インテルINTC情報技術1.5%3.9%-3.8%
16アドバンスト・マイクロ・デバイセズAMD情報技術1.3%-11.4%-24.0%
17クアルコムQCOM情報技術1.3%-11.1%-16.4%
18テキサス・インスツルメンツTXN情報技術1.2%7.9%-2.6%
19ネットフリックスNFLXコミュニケーション・サービス1.2%-5.1%-37.8%
20TモバイルUSTMUSコミュニケーション・サービス1.2%4.2%10.7%
21イントゥイットINTU情報技術1.0%1.4%-25.2%
22ペイパルPYPL情報技術1.0%3.3%-38.7%
23アムジェンAMGNヘルスケア1.0%6.8%7.5%
24ハネウェルHON資本財・サービス1.0%2.5%-6.7%
25アプライド・マテリアルズAMAT情報技術0.8%-1.8%-16.2%
26インテュイティブ・サージカルISRGヘルスケア0.8%3.9%-16.0%
27スターバックスSBUX一般消費財・サービス0.8%-0.9%-22.2%
28ブッキングHDBKNG一般消費財・サービス0.7%8.1%-2.1%
29ADPADP情報技術0.7%11.3%-7.7%
30チャーター・コミュニケーションズCHTRコミュニケーション・サービス0.7%-9.3%-16.3%
31マイクロン・テクノロジーMU情報技術0.6%-12.3%-16.4%
32モンデリーズMDLZ生活必需品0.6%-4.1%-5.3%
33アナログ・デバイセズADI情報技術0.6%3.1%-6.0%
34CSXCSX資本財・サービス0.6%10.4%-0.4%
35ラムリサーチLRCX情報技術0.5%-4.2%-25.2%
36ギリアド・サイエンシズGILDヘルスケア0.5%-1.6%-18.1%
37リジェネロン・ファーマシューティカルズREGNヘルスケア0.5%12.9%10.6%
38モデルナMRNAヘルスケア0.5%12.1%-32.2%
39バーテックス・ファーマシューティカルズVRTXヘルスケア0.5%13.5%18.8%
40ファサーブFISV情報技術0.5%3.8%-2.3%
41エアビーアンドビーABNB一般消費財・サービス0.5%13.4%3.2%
42アクティビジョン・ブリザードATVIコミュニケーション・サービス0.5%-1.7%20.4%
43パロアルトネットワークスPANW情報技術0.4%4.8%11.8%
44マーベル・テクノロジーMRVL情報技術0.4%4.9%-18.0%
45メルカドリブレMELI一般消費財・サービス0.4%5.6%-11.8%
46マリオット・インターナショナルMAR一般消費財・サービス0.4%3.3%6.4%
47ASMLASML情報技術0.4%0.2%-16.1%
48KLAKLAC情報技術0.4%5.0%-14.9%
49フォーティネットFTNT情報技術0.4%-0.8%-4.9%
50イルミナILMNヘルスケア0.4%7.0%-8.2%
51キューリグ・ドクターペッパーKDP生活必需品0.4%-2.0%2.8%
52シノプシスSNPS情報技術0.4%6.7%-9.6%
53アメリカン・エレクトリック・パワーAEP公益事業0.4%10.1%12.1%
54デクスコムDXCMヘルスケア0.4%23.6%-4.7%
55ペイチェックスPAYX情報技術0.4%14.6%0.0%
56NXPセミコンダクターズNXPI情報技術0.4%-2.7%-18.7%
57クラフト・ハインツKHC生活必需品0.4%0.4%9.7%
58クラウドストライクHDCRWD情報技術0.3%16.3%10.9%
59オートデスクADSK情報技術0.3%-2.7%-23.8%
60コグニザント・テクノロジー・ソリューションズCTSH情報技術0.3%4.1%1.1%
61ワークデイWDAY情報技術0.3%4.5%-12.3%
62エクセロンEXC公益事業0.3%11.9%15.6%
63アイデックス・ラボラトリーズIDXXヘルスケア0.3%2.8%-16.9%
64オライリー・オートモーティブORLY一般消費財・サービス0.3%5.5%-3.0%
65ケイデンス・デザイン・システムズCDNS情報技術0.3%8.6%-11.7%
66ルルレモン・アスレティカLULU一般消費財・サービス0.3%14.2%-6.7%
67シンタスCTAS資本財・サービス0.3%13.3%-4.0%
68モンスタービバレッジMNST生活必需品0.3%-5.3%-16.8%
69ルシード・グループLCID一般消費財・サービス0.3%-12.4%-33.2%
70マイクロチップ・テクノロジーMCHP情報技術0.3%6.8%-13.7%
71アトラシアンTEAM情報技術0.3%-3.9%-22.9%
72データドッグDDOG情報技術0.3%-6.0%-15.0%
73エクセル・エナジーXEL公益事業0.3%7.2%6.6%
74ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスWBA生活必需品0.3%-2.9%-14.2%
75アストラゼネカAZNヘルスケア0.3%9.0%13.9%
76ダラー・ツリーDLTR一般消費財・サービス0.3%12.7%14.0%
77エレクトロニック・アーツEAコミュニケーション・サービス0.3%-2.8%-4.1%
78べリスク・アナリティクスVRSK資本財・サービス0.3%21.0%-6.2%
79JDドットコムJD一般消費財・サービス0.3%-19.2%-17.4%
80アライン・テクノロジーALGNヘルスケア0.3%-14.8%-33.7%
81オールド・ドミニオン・フレイト・ラインODFL資本財・サービス0.3%-4.9%-16.7%
82ファスナルFAST資本財・サービス0.2%15.4%-7.3%
83ゼットスケーラーZS情報技術0.2%0.9%-24.9%
84イーベイEBAY一般消費財・サービス0.2%4.9%-13.9%
85バイドゥBIDUコミュニケーション・サービス0.2%-13.2%-11.1%
86ロス・ストアーズROST一般消費財・サービス0.2%-1.0%-20.8%
87マッチ・グループMTCHコミュニケーション・サービス0.2%-2.5%-17.8%
88バイオジェンBIIBヘルスケア0.2%-0.2%-12.2%
89パッカーPCAR資本財・サービス0.2%-4.1%-0.2%
90コパートCPRT資本財・サービス0.2%2.1%-17.2%
91ズーム・ビデオ・コミュニケーションズZM情報技術0.2%-11.6%-36.3%
92アンシスANSS情報技術0.2%-2.0%-20.8%
93シージェンSGENヘルスケア0.2%11.8%-6.8%
94シリウスXMSIRIコミュニケーション・サービス0.2%7.5%4.3%
95ベリサインVRSN情報技術0.2%4.1%-12.4%
96スプランクSPLK情報技術0.2%25.8%28.4%
97オクタOKTA情報技術0.2%-17.4%-32.7%
98スカイワークス・ソリューションズSWKS情報技術0.2%-3.5%-14.1%
99ドキュサインDOCU情報技術0.2%-9.5%-29.7%
100ネットイースNTESコミュニケーション・サービス0.1%-5.9%-11.9%
101コンステレーション・エナジーCEG公益事業0.1%22.3%#N/A
102ピンドュオドュオPDD一般消費財・サービス0.1%-22.7%-31.2%

 

QQQの価格、配当、トータルリターンの推移

QQQの価格上昇率(ドルベース)と、トータルリターン(ドルベース)の推移は、以下となります。

リーマンショックがあった2008年から2021年までのトータルリターンは年率+16.8%となりました。

過去のトータルリターンと価格上昇率(キャピタルリターン)の差であるインカムリターン(配当)は、1%程度です。

 

QQQの暦年毎の配当額の推移は、以下の通りです。

2007年から2021年のQQQの増配率は年率+18.5%と、アメリカ株のETFであるVTI(年率+6.4%)と比較して高い水準です。

 

QQQの四半期毎の配当額の推移は、以下の通りです。

直近(2022年3月)の四半期配当額は0.43369ドル(前年同期比+9.9%)です。

 

過去1年間のQQQ(ドルベース)と、アメリカ株式を投資対象とするVTI(ドルベース)の価格上昇率の推移は、以下となります。

2022年3月のQQQの価格上昇率は+4.5%と、VTI(+2.9%)を上回りました。

過去1年間では、QQQの価格上昇率は+13.6%と、VTI(+10.2%)を上回りました。

QQQ

 

過去10年間(2012年4月から2022年3月)のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

QQQはボラティリティが大きいイメージがありますが、VTIとほぼ同程度のドローダウンです。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

 

アーク・イノベーションETF(ARKK)の組み入れ銘柄とリターン推移(2022年6月末) ハイパーグロース株中心
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク・フィンテックETF(ARKF)の組み入れ銘柄とリターン推移(2022年6月末) デジタルウォレット等に注目
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク(ARK)助言をもとに、非接触型ビジネス関連銘柄へ投資するデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの特徴
ファンド概要 デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト) ホームページ:リンク先 設定日:2020年7月31日 信託期間:2030年6月7日まで ...
VT(バンガード世界株式ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2021年6月末) 銘柄数は9,000超
会社概要 バンガード(Vanguard) ホームページ:リンク先 国:アメリカ バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデック...
レバレッジ型ETFや投資信託のデメリットは、もみ合い(レンジ)相場に弱く、投資効率を悪化させる
レバレッジ型ETFや投資信託の特徴 レバレッジ型ETFや投資信託は、日経平均など対象とする指数(原資産)の値動きの数倍の変動を同期間で達成するように、先物取引などを用いて運用する金融商品です。 例えば、日経平均レバレッジ(2...
タイトルとURLをコピーしました