VT(バンガード世界株式ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2021年6月末) 銘柄数は9,000超

VT投資信託、ETF
スポンサーリンク

会社概要

バンガード(Vanguard)

ホームページ:リンク先

国:アメリカ

バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデックスファンドやETFを提供する世界最大級の資産運用会社です。

2021年1月末時点のAUMは7.2兆ドル、平均経費率は0.09%と非常に低コストです。

 

VTの特徴

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック・ETF)は、インデックスベンダーであるFTSEラッセルが提供する指数「FTSEグローバル・オール・キャップ・インデックス(FTSE Global All Cap Index)」に連動することを目指したETFです。

VTは、世界40ヵ国以上の9,000を超える銘柄へ分散投資しているため、このETFを通じて世界の株式市場全体へ投資することが可能で、経費率は0.08%と低コストです。

9,000を超える銘柄に均等配分するわけではなく、株式時価総額が大きな銘柄ほど、ETFに組み入られる比率が高くなります。

ただし、FTSEラッセルやMSCI等の株式指数は、大株主による安定保有株式ではなく、常に市場で売買されている株式を指す「浮動株」ベースの株式時価総額を用います。

仮に、株式時価総額が1兆円ある企業で、その企業の創業者が株式の99%を保有している場合、市場で売買される株式はわずか1%で自由に売買できないことから、浮動株ベースで組み入れ比率が決定されます。

中国やインド、サウジアラビアの大手企業は浮動株が低いことから、株式時価総額の大きさの割には、株式指数への組み入れ比率が低いです。

世界株式時価総額ランキング(2021年6月末) トップ100は、アメリカ59社、中国13社、日本は1社のみ
世界株式時価総額ランキング(2021年6月末)2021年6月末時点の世界の株式時価総額ランキングです。国は株式指数(MSCI)、セクターはGICSによる分類、アメリカ株以外はUSドル建てのADR(OTC)の株式時価総額を優...

VTの国別構成比率上位15ヶ国(2021年6月末)は、以下の通りです。

アメリカがダントツで高く、中国は日本の4倍程度の株式時価総額を有するにも関わらず、浮動株指数ベースでは日本より低くなります。

なお、機関投資家が用いる株式指数はMSCIが一般的であるため、FTSEグローバル・オール・キャップ・インデックスはマイナーな株式指数ではあるものの、MSCIとFTSEの差はほとんどありません。

世界の株式市場へ投資するFTSEとMSCIのトータルリターン比較(ドルベース)は、以下の通りです。

過去10年間のリターンは、FTSEが年率+9.6%、MSCIが年率+9.7%と、ほぼ誤差の範囲内です。

 

VTの特性(2021年6月末)は、以下の通りです。

 VTFTSE Global All Cap
銘柄数9,0749152
時価総額(中央値)668億ドル674億ドル
PER(過去1年間)19.9倍19.4倍
PBR2.6倍2.6倍
ROE14.7%14.7%
利益成長率(過去5年間)14.1%14.1%
売買回転率6.0%
NAV304億ドル

 

VTの保有銘柄

VTの上位構成銘柄(2021年6月末)は、以下の通りです。

なお、FTSEのセクターはICBによる分類ですが、ここではメジャーなGICSによる分類としています。

第1位はアップル(AAPL)の2.8%、第2位はマイクロソフト(MSFT)の2.7%、第3位はアマゾン(AMZN)の2.0%です。

9,000銘柄以上を保有していますが、上位10社の保有比率は13.8%です。

 銘柄名セクター(GICS)保有比率
1アップル🇺🇸アメリカ情報技術2.8%
2マイクロソフト🇺🇸アメリカ情報技術2.7%
3アマゾン🇺🇸アメリカ一般消費財・サービス2.0%
4アルファベット🇺🇸アメリカコミュニケーション・サービス1.9%
5フェイスブック🇺🇸アメリカコミュニケーション・サービス1.1%
6台湾セミコンダクター🇹🇼台湾情報技術0.7%
7テスラ🇺🇸アメリカ一般消費財・サービス0.7%
8バークシャー・ハサウェイ🇺🇸アメリカ金融0.7%
9エヌビディア🇺🇸アメリカ情報技術0.6%
10JPモルガン・チェース🇺🇸アメリカ金融0.6%

 

保有比率上位10社の株価上昇率(ドルベース)は、以下の通りです。

2021年6月は、金融セクターのバークシャー・ハサウェイとJPモルガン・チェース以外はプラスとなり、特にエヌビディアは+23.1%と高い株価上昇率となりました。

年初来では、テスラのみがマイナスだった一方、アルファベットは+50%超の高い株価上昇率です。

 

保有比率上位10社の最大ドローダウンは、以下の通りです。

テスラは▲28.5%と最も大きなドローダウンです。

 

VTの価格、配当、トータルリターンの推移

VTの価格上昇率(ドルベース)と、トータルリターン(ドルベース)の推移は、以下となります。

2009年から2020年までのトータルリターンは年率11.4%となりました。

過去のトータルリターンと価格上昇率(キャピタルリターン)の差であるインカムリターン(配当)は、どの年も2〜3%程度です。

 

VTの暦年毎の配当額の推移は、以下の通りです。

2015年や2020年のような株式市場が下落する局面では、企業業績の悪化による減配等から、株価下落に加え、配当額も減る傾向にあります。

2020年の増配率は▲18.2%となりましたが、2014年以降の増配率は年率+3.3%です。

 

VTの四半期毎の配当額の推移は、以下の通りです。

6月と12月の配当額が大きく、3月の配当額は小さい傾向にあります。

2021年6月の配当額は、前年同期比+40.3%となりました。

 

過去1年間のVTと、米国株を投資対象とするVTIの価格上昇率の推移は、以下となります。

2021年6月のVT(ドルベース)の価格上昇率は+0.7%と5ヶ月連続でプラスとなり、年初来では+11.9%となりました。

一方、2021年6月のVTI(ドルベース)の価格上昇率は+2.2%、年初来では+14.5%と、米国株が相対的に好調でした。

 

過去10年間(2011年7月から2020年6月)のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

なお、VTIと比較すると、VTのドローダウンはやや大きい傾向にあります。

本来、VTの方が投資対象国/銘柄が多いことによる分散効果によりリスクは低いはずですが、両者ともドルベースでのリターンのため、VTは(ドルからみて)為替リスクがあることから、ドローダウンは大きくなります。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

 

(参考)VTの保有比率上位100銘柄(2021年6月末)

(参考)VTの保有比率上位100銘柄(2021年6月末)

先述の保有比率上位10銘柄は、アルファベットはGOOGL+GOOG、台湾セミコンダクターは2330.TW+TSM、バークシャー・ハサウェイはBRK.B+BRK.Aにより算出されています。

 銘柄名保有比率
1Apple Inc.(AAPL)2.81%
2Microsoft Corp.(MSFT)2.67%
3Amazon.com Inc.(AMZN)1.95%
4Facebook Inc. Class A(FB)1.09%
5Alphabet Inc. Class A(GOOGL)0.96%
6Alphabet Inc. Class C(GOOG)0.93%
7Tesla Inc.(TSLA)0.69%
8NVIDIA Corp.(NVDA)0.63%
9JPMorgan Chase & Co.(JPM)0.61%
10Tencent Holdings Ltd.(700)0.59%
11Johnson & Johnson(JNJ)0.57%
12Berkshire Hathaway Inc. Class B(BRK.B)0.53%
13Alibaba Group Holding Ltd.(9988)0.53%
14Visa Inc. Class A(V)0.52%
15UnitedHealth Group Inc.(UNH)0.49%
16Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.(2330)0.49%
17Nestle SA(NESN)0.46%
18PayPal Holdings Inc.(PYPL)0.45%
19Home Depot Inc.(HD)0.45%
20Procter & Gamble Co.(PG)0.43%
21Mastercard Inc. Class A(MA)0.42%
22Walt Disney Co.(DIS)0.42%
23Bank of America Corp.(BAC)0.41%
24Adobe Inc.(ADBE)0.37%
25ASML Holding NV(ASML)0.36%
26Exxon Mobil Corp.(XOM)0.35%
27Comcast Corp. Class A(CMCSA)0.34%
28Roche Holding AG(ROG)0.33%
29Verizon Communications Inc.(VZ)0.30%
30Netflix Inc.(NFLX)0.30%
31Intel Corp.(INTC)0.30%
32Cisco Systems Inc.(CSCO)0.29%
33Pfizer Inc.(PFE)0.29%
34salesforce.com Inc.(CRM)0.28%
35Toyota Motor Corp.(7203)0.28%
36Coca-Cola Co.(KO)0.27%
37AT&T Inc.(T)0.27%
38PepsiCo Inc.(PEP)0.27%
39Chevron Corp.(CVX)0.26%
40Walmart Inc.(WMT)0.26%
41Abbott Laboratories(ABT)0.26%
42AbbVie Inc.(ABBV)0.26%
43Thermo Fisher Scientific Inc.(TMO)0.26%
44Merck & Co. Inc.(MRK)0.26%
45LVMH Moet Hennessy Louis Vuitton SE(MC)0.26%
46Eli Lilly & Co.(LLY)0.25%
47Novartis AG(NOVN)0.25%
48NIKE Inc. Class B(NKE)0.25%
49Broadcom Inc.(AVGO)0.25%
50Wells Fargo & Co.(WFC)0.25%
51Accenture plc Class A(ACN)0.24%
52Texas Instruments Inc.(TXN)0.23%
53Costco Wholesale Corp.(COST)0.23%
54Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd. ADR(TSM)0.23%
55McDonald’s Corp.(MCD)0.23%
56Danaher Corp.(DHR)0.22%
57Medtronic plc(MDT)0.22%
58QUALCOMM Inc.(QCOM)0.21%
59Meituan Dianping Class B(3690)0.21%
60Samsung Electronics Co. Ltd.(005930)0.21%
61Samsung Electronics Co. Ltd. GDR(SMSN)0.21%
62AstraZeneca plc(AZN)0.21%
63SAP SE(SAP)0.20%
64Philip Morris International Inc.(PM)0.20%
65Unilever plc(ULVR)0.20%
66Honeywell International Inc.(HON)0.20%
67Linde plc(LIN)0.20%
68United Parcel Service Inc. Class B(UPS)0.20%
69AIA Group Ltd.(1299)0.20%
70Bristol-Myers Squibb Co.(BMY)0.20%
71Union Pacific Corp.(UNP)0.19%
72Citigroup Inc.(C)0.19%
73NextEra Energy Inc.(NEE)0.19%
74Royal Bank of Canada(RY)0.19%
75Amgen Inc.(AMGN)0.18%
76Lowe’s Cos. Inc.(LOW)0.18%
77Oracle Corp.(ORCL)0.18%
78Novo Nordisk A/S Class B(NOVO B)0.18%
79Commonwealth Bank of Australia(CBA)0.17%
80Starbucks Corp.(SBUX)0.17%
81International Business Machines Corp.(IBM)0.17%
82Applied Materials Inc.(AMAT)0.17%
83Raytheon Technologies Corp.(RTX)0.17%
84Boeing Co.(BA)0.17%
85Morgan Stanley(MS)0.17%
86Toronto-Dominion Bank(TD)0.17%
87Goldman Sachs Group Inc.(GS)0.16%
88Intuit Inc.(INTU)0.16%
89BlackRock Inc.(BLK)0.16%
90American Tower Corp.(AMT)0.16%
91Sony Corp.(6758)0.16%
92Target Corp.(TGT)0.16%
93Siemens AG(SIE)0.16%
94Caterpillar Inc.(CAT)0.16%
95HSBC Holdings plc(HSBA)0.15%
96General Electric Co.(GE)0.15%
97Berkshire Hathaway Inc. Class A(BRK.A)0.15%
983M Co.(MMM)0.15%
99Charles Schwab Corp.(SCHW)0.15%
100Sanofi(SAN)0.15%

 

VTI(バンガード米国株ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2021年6月末) 3,800銘柄へ投資
会社概要 バンガード(Vanguard) ホームページ:リンク先 国:アメリカ バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデック...
アーク・イノベーションETF(ARKK)の組み入れ銘柄とリターン推移(2021年8月末) ハイパーグロース株中心
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク・フィンテックETF(ARKF)の組み入れ銘柄とリターン推移(2021年8月末) デジタルウォレット等に注目
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク(ARK)助言をもとに、非接触型ビジネス関連銘柄へ投資するデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの特徴
ファンド概要 デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト) ホームページ:リンク先 設定日:2020年7月31日 信託期間:2030年6月7日まで ...
レバレッジ型ETFや投資信託のデメリットは、もみ合い(レンジ)相場に弱く、投資効率を悪化させる
レバレッジ型ETFや投資信託の特徴 レバレッジ型ETFや投資信託は、日経平均など対象とする指数(原資産)の値動きの数倍の変動を同期間で達成するように、先物取引などを用いて運用する金融商品です。 例えば、日経平均レバレッジ(2...
タイトルとURLをコピーしました