VOO(バンガードS&P500ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2022年6月末)

VOO投資信託、ETF
スポンサーリンク

会社概要

バンガード(Vanguard)

ホームページ:リンク先

国:アメリカ

バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデックスファンドやETFを提供する世界最大級の資産運用会社です。

 

VOOの特徴

VOO(バンガード・S&P500・ETF)は、株価指数の開発・算出を手掛けるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出するS&P500に連動することを目指したETFです。

S&P500は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの指数委員会が、株式時価総額や浮動株比率、収益性の観点による採用基準等をもとに、組み入れ企業500社を決定します。

そのため、必ずしも株式時価総額が大きい上位500社で構成されるわけではなく、2020年12月にS&P500に組み入れられたテスラは、それまで何度も採用見送りとなりました。

VTIは、S&P500に連動するため、このETFを通じてアメリカの代表的な企業500社へ分散投資することが可能で、経費率は0.03%と低コストです。

500社に均等配分するわけではなく、株式時価総額が大きな銘柄ほど、ETFに組み入られる比率が高くなります。

ただし、当該指数やMSCI等の株式指数は、大株主による安定保有株式ではなく、常に市場で売買されている株式を指す「浮動株」ベースの株式時価総額を用います。

仮に、株式時価総額が1兆円ある企業で、その企業の創業者が株式の99%を保有している場合、市場で売買される株式はわずか1%で自由に売買できないことから、浮動株ベースで組み入れ比率が決定されます。

主要な米国企業のなかで浮動株比率が低い銘柄はウォルマート(大株主はウォルトン家が約50%)で、株式指数に組み入れられる比率は低くなります。

S&P500は、米国の代表的な企業500社へ投資することから必ずしも米国株市場全体を表していないことや、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの指数委員会の裁量によって決定されるため、収益性にまだ問題があるものの期待感から株価が急騰する企業(例:テスラ)の組み入れが遅くなる等の問題が挙げられますが、ほとんど気にする必要がないレベルです。

S&P500と、米国株式市場の約4,000銘柄へ投資するCRSP USトータル・マーケット・インデックス(VTが参照する株式指数)のリターン比較は、以下の通りです。

過去10年間のトータルリターンは、S&P500が年率+16.6%、CRSPが年率+16.3%と、ほぼ差はありません。

なお、2020年は株価が急騰したテスラの組み入れがなかったS&P500が大きく劣後しました。

 

VOOの特性(2022年6月末)は、以下の通りです。

なお、S&P500は、500社の組み入れであるものの、アルファベット等のように複数クラスがあることから、銘柄数は500をわずかに超えます。

 VOO(S&P500 ETF)
S&P500 Index
銘柄数503503
時価総額(中央値)1,611億ドル1,611億ドル
PER(過去1年間)18.5倍18.5倍
PBR3.5倍3.5倍
ROE21.7%21.7%
利益成長率(過去5年間)19.9%19.9%
売買回転率2.3%
NAV0.71兆ドル

 

VOOの保有銘柄

VOOの上位構成銘柄(2022年6月末)は、以下の通りです。

第1位はアップル(AAPL)の6.5%、第2位はマイクロソフト(MSFT)の6.0%、第3位はアルファベット(GOOG+GOOGL)の3.9%です。

約500銘柄を保有していますが、上位10社(アルファベットはGOOG+GOOGLの合算)の保有比率は27.8%です。

 銘柄名セクター(GICS)保有比率
1アップル🇺🇸情報技術6.5%
2マイクロソフト🇺🇸情報技術6.0%
3アルファベット🇺🇸コミュニケーション・サービス3.9%
4アマゾン🇺🇸一般消費財・サービス2.9%
5テスラ🇺🇸一般消費財・サービス1.8%
6バークシャー・ハサウェイ🇺🇸金融1.5%
7ユナイテッドヘルス🇺🇸ヘルスケア1.5%
8ジョンソン&ジョンソン🇺🇸ヘルスケア1.5%
9エヌビディア🇺🇸情報技術1.2%
10メタ🇺🇸コミュニケーション・サービス1.2%

 

保有比率上位10社の株価上昇率(ドルベース)は、以下の通りです。

2022年1-6月は、ヘルスケアセクターのユナイテッドヘルスとジョンソン&ジョンソンのみがプラスとなり、メタは▲52.1%、エヌビディアは▲48.5%と急落しました。

 

保有比率上位10社の最大ドローダウンは、以下の通りです。

 

VOOの価格、配当、トータルリターンの推移

VOOの価格上昇率(ドルベース)と、トータルリターン(ドルベース)の推移は、以下となります。

2011年から2021年までのトータルリターンは年率+15.1%となりました。

過去のトータルリターンと価格上昇率(キャピタルリターン)の差であるインカムリターン(配当)は、2%程度です。

 

VOOの暦年毎の配当額の推移は、以下の通りです。

2020年のように景気悪化時には、企業業績の悪化により減配となる傾向にあります。

2021年の増配率は+2.5%、2013年以降の増配率は年率+7.5%です。

 

VOOの四半期毎の配当額の推移は、以下の通りです。

四半期配当は比較的分散されています。

2022年6月の配当額は1.43ドル(前年同期比+7.4%)となりました。

 

過去1年間のVOOと、米国株式市場の約3,800銘柄を投資対象とするVTIの価格上昇率の推移は、以下となります。

2021年7月から2022年6月のVOO(ドルベース)の価格上昇率は▲11.9%となった一方、VTI(ドルベース)の価格上昇率は▲15.3%と、VOOが相対的に好調でした。

VOO

 

過去10年間(2012年7月から2022年6月)のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

多少の株価下落局面では、組み入れ銘柄数が多いVTIの方がドローダウンが若干小さい一方、株式市場が大きく下落する局面では、大型株が多いVOOの方が若干ドローダウンが小さい傾向にあります。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

 

(参考)VOOの保有比率上位100銘柄(2022年6月末)

(参考)VOOの保有比率上位100銘柄(2022年6月末)

 銘柄名保有比率
1Apple Inc.(AAPL)6.52 %
2Microsoft Corp.(MSFT)5.96 %
3Amazon.com Inc.(AMZN)2.88 %
4Alphabet Inc. Class A(GOOGL)2.03 %
5Alphabet Inc. Class C(GOOG)1.87 %
6Tesla Inc.(TSLA)1.75 %
7Berkshire Hathaway Inc. Class B(BRK.B)1.53 %
8UnitedHealth Group Inc.(UNH)1.49 %
9Johnson & Johnson(JNJ)1.45 %
10NVIDIA Corp.(NVDA)1.18 %
11Facebook Inc. Class A(META)1.15 %
12Exxon Mobil Corp.(XOM)1.12 %
13Procter & Gamble Co.(PG)1.07 %
14JPMorgan Chase & Co.(JPM)1.03 %
15Visa Inc. Class A(V)1.00 %
16Pfizer Inc.(PFE)0.91 %
17Chevron Corp.(CVX)0.88 %
18Home Depot Inc.(HD)0.88 %
19Mastercard Inc. Class A(MA)0.84 %
20AbbVie Inc.(ABBV)0.84 %
21Eli Lilly & Co.(LLY)0.79 %
22Coca-Cola Co.(KO)0.76 %
23Merck & Co. Inc.(MRK)0.72 %
24PepsiCo Inc.(PEP)0.71 %
25Bank of America Corp.(BAC)0.68 %
26Verizon Communications Inc.(VZ)0.66 %
27Thermo Fisher Scientific Inc.(TMO)0.66 %
28Costco Wholesale Corp.(COST)0.66 %
29Broadcom Inc.(AVGO)0.62 %
30Abbott Laboratories(ABT)0.59 %
31McDonald’s Corp.(MCD)0.57 %
32Cisco Systems Inc.(CSCO)0.55 %
33Accenture plc Class A(ACN)0.55 %
34Comcast Corp. Class A(CMCSA)0.54 %
35Adobe Inc.(ADBE)0.54 %
36Walt Disney Co.(DIS)0.53 %
37Walmart Inc.(WMT)0.53 %
38Danaher Corp.(DHR)0.51 %
39salesforce.com Inc.(CRM)0.51 %
40Bristol-Myers Squibb Co.(BMY)0.51 %
41Philip Morris International Inc.(PM)0.47 %
42Intel Corp.(INTC)0.47 %
43NextEra Energy Inc.(NEE)0.47 %
44AT&T Inc.(T)0.47 %
45Wells Fargo & Co.(WFC)0.46 %
46Linde plc(LIN)0.45 %
47QUALCOMM Inc.(QCOM)0.44 %
48Raytheon Technologies Corp.(RTX)0.44 %
49Texas Instruments Inc.(TXN)0.44 %
50United Parcel Service Inc. Class B(UPS)0.42 %
51Union Pacific Corp.(UNP)0.42 %
52Amgen Inc.(AMGN)0.40 %
53NIKE Inc. Class B(NKE)0.40 %
54International Business Machines Corp.(IBM)0.39 %
55Advanced Micro Devices Inc.(AMD)0.38 %
56CVS Health Corp.(CVS)0.38 %
57Medtronic plc(MDT)0.37 %
58American Tower Corp.(AMT)0.37 %
59Honeywell International Inc.(HON)0.37 %
60S&P Global Inc.(SPGI)0.36 %
61Anthem Inc.(ELV)0.36 %
62ConocoPhillips(COP)0.36 %
63Lowe’s Cos. Inc.(LOW)0.36 %
64Oracle Corp.(ORCL)0.34 %
65Intuit Inc.(INTU)0.34 %
66Morgan Stanley(MS)0.33 %
67Lockheed Martin Corp.(LMT)0.32 %
68Goldman Sachs Group Inc.(GS)0.31 %
69Caterpillar Inc.(CAT)0.30 %
70ServiceNow Inc.(NOW)0.30 %
71Charles Schwab Corp.(SCHW)0.30 %
72Citigroup Inc.(C)0.28 %
73Automatic Data Processing Inc.(ADP)0.27 %
74Starbucks Corp.(SBUX)0.27 %
75Prologis Inc.(PLD)0.27 %
76BlackRock Inc.(BLK)0.27 %
77Mondelez International Inc. Class A(MDLZ)0.27 %
78American Express Co.(AXP)0.26 %
79Cigna Corp.(CI)0.26 %
80Deere & Co.(DE)0.26 %
81Chubb Ltd.(CB)0.26 %
82Duke Energy Corp.(DUK)0.26 %
83Zoetis Inc.(ZTS)0.25 %
84PayPal Holdings Inc.(PYPL)0.25 %
85Applied Materials Inc.(AMAT)0.25 %
86T-Mobile US Inc.(TMUS)0.25 %
87Marsh & McLennan Cos. Inc.(MMC)0.24 %
88Gilead Sciences Inc.(GILD)0.24 %
89Netflix Inc.(NFLX)0.24 %
90Analog Devices Inc.(ADI)0.24 %
91Boeing Co.(BA)0.24 %
92Southern Co.(SO)0.23 %
93Altria Group Inc.(MO)0.23 %
943M Co.(MMM)0.23 %
95CME Group Inc.(CME)0.23 %
96Crown Castle International Corp.(CCI)0.23 %
97Vertex Pharmaceuticals Inc.(VRTX)0.22 %
98Intuitive Surgical Inc.(ISRG)0.22 %
99Booking Holdings Inc.(BKNG)0.22 %
100Becton Dickinson and Co.(BDX)0.22 %

 

VT(バンガード世界株式ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2022年6月末) 銘柄数は9,000超
会社概要 バンガード(Vanguard) ホームページ:リンク先 国:アメリカ バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデック...
VTI(バンガード米国株ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2022年6月末) 4,000銘柄超へ投資
会社概要 バンガード(Vanguard) ホームページ:リンク先 国:アメリカ バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデック...
アーク・イノベーションETF(ARKK)の組み入れ銘柄とリターン推移(2022年6月末) ハイパーグロース株中心
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク・フィンテックETF(ARKF)の組み入れ銘柄とリターン推移(2022年6月末) デジタルウォレット等に注目
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク(ARK)助言をもとに、非接触型ビジネス関連銘柄へ投資するデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの特徴
ファンド概要 デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト) ホームページ:リンク先 設定日:2020年7月31日 信託期間:2030年6月7日まで ...
レバレッジ型ETFや投資信託のデメリットは、もみ合い(レンジ)相場に弱く、投資効率を悪化させる
レバレッジ型ETFや投資信託の特徴 レバレッジ型ETFや投資信託は、日経平均など対象とする指数(原資産)の値動きの数倍の変動を同期間で達成するように、先物取引などを用いて運用する金融商品です。 例えば、日経平均レバレッジ(2...
タイトルとURLをコピーしました