アーク・フィンテックETF(ARKF)の組み入れ銘柄とリターン推移(2021年8月末) デジタルウォレット等に注目

ARKF投資信託、ETF
スポンサーリンク

会社概要

アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC)

ホームページ:リンク先

国:アメリカ

アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC)は、アメリカに本拠を置く、破壊的イノベーション(Disruptive Innovation)に焦点を当てたETFを提供する資産運用会社で、キャシー・ウッド氏が2014年に設立しました。

旗艦ファンドであるアーク イノベーションETF(ARKK、ARK Innovation)は、破壊的イノベーションと呼ばれる世界を変える新しい製品やサービスを提供する企業の株式へ投資するETFで、2014年10月に設定されました。

アーク フィンテックETF(ARKF)は、フィンテック関連企業へ投資するETFで、2019年2月に設定されました。

フィンテック(Fintech)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、スマホ決済が一例です。

新型コロナウイルスの影響で、スマホ決済等のキャッシュレスが日本でも普及しましたが、高い利便性等から引き続き市場拡大が期待されます。

決済や投資、送金など様々な金融サービスを1つのプラットフォームで迅速に提供するデジタルウォレットに加え、Eコマース普及による決済の拡大やブロックチェーン技術の活用などが有望です。

ETFは、TOPIXやS&P500等の指数に連動するものが一般的ですが、アークのETFはアクティブ運用が中心であることから、経費率は0.75%程度と高い水準です。

アークが提供するアクティブ型ETFは、以下の通りです。

・イノベーション(ARKK、ARK Innovation)

・自動運転技術&ロボティクス(ARKQ、ARK Autonomous Tech. & Robotics)

・次世代インターネット(ARKW 、ARK Next Generation Internet)

・ゲノミック レボリューション(ARKG、ARK Genomics Revolution)

・フィンテック イノベーション(ARKF、ARK Fintech Innovation)

・宇宙探査&イノベーション(ARKX、ARK Space Exploration & Innovation)

アークが提供するインデックス型ETFは、以下の通りです。

・3Dプリンティング(PRNT、The 3D Printing ETF)

・イスラエル イノベーティブ テクノロジー(IZRL Israel Innovative Technology)

各ETFの純資産額は、以下の通りです。

2021年1月末のARKFの純資産額は27.2億ドルと、わずか半年間で7.8倍に急増しています。

 

ARKFの保有銘柄

ARKFの上位構成銘柄(2021年8月末)は、以下の通りです。

第1位はスクエア(SQ)の10.64%、第2位はショッピファイ (SHOP)の6.40%、第3位はコインベース・グローバル(COIN)の5.09%です。

42銘柄(うち2銘柄は国債と通貨)を保有していますが、上位5銘柄の保有比率は32.0%、上位10銘柄の保有比率は51.6%と高水準です。

2021年7月末(46銘柄)と比較して、美談等6銘柄を全売却し、パランティアテクノロジーズ(PLTR)とエッツィ(ETSY)を新規投資しました。

また、保有比率上位銘柄の売買動向は、スクエアやシー・リミテッド、メルカドリブレを一部売却し、コインベース・グローバルとジロー・グループを買い増しました。

   2021年8月末2021年7月末
保有株数
増減率
 銘柄名コード保有株数(万)保有比率保有株数(万)保有比率
1スクエアSQ14810.64%16110.95%-8.0%
2ショッピファイSHOP166.40%166.64%-4.2%
3コインベース・グローバルCOIN735.09%694.32%6.6%
4ジロー・グループZ1924.93%1714.92%12.3%
5シー・リミテッドSE544.90%594.46%-8.0%
6ペイパルPYPL604.65%634.73%-4.2%
7メルカドリブレMELI94.28%104.17%-10.3%
8アディエンADYEN54.24%53.81%-4.2%
9トゥイリオTWLO373.55%363.76%2.9%
10オープンドア・テクノロジーズOPEN6172.94%6972.79%-11.5%
11ユーアイ パスPATH1642.79%1492.51%10.3%
12フェイスブックFB272.73%282.68%-4.2%
13ドキュサインDOCU332.61%342.75%-4.2%
14テラドック・ヘルスTDOC672.58%592.47%12.2%
15ピンタレストPINS1682.51%1603.08%5.0%
16Zホールディングス46891,3922.44%1,4531.98%-4.2%
17JDドットコムJD1112.35%1021.96%9.2%
18ドラフトキングスDKNG1342.14%1071.43%25.2%
19イントゥイットINTU132.05%141.97%-4.2%
20シルバーゲート・キャピタルSI651.97%681.93%-4.2%
21レンディングクラブLC2321.94%2431.56%-4.2%
22ストーンSTNE1511.89%1051.65%43.9%
23TCSグループHDTCS LI781.85%811.87%-4.2%
24ピンドュオドュオPDD651.75%431.06%51.3%
25インターコンチネンタル・エクスチェンジICE521.68%682.20%-23.4%
26ビルドットコムHDBILL211.52%221.19%-4.2%
27ワークデイWDAY191.36%191.22%-4.2%
28パランティアテクノロジーズPLTR1861.32%00.00%新規
29テンセントHDTCEHY771.27%861.42%-10.9%
30エッツィETSY201.14%00.00%新規
31ディスカバリーDSY4761.13%4971.08%-4.2%
32ロビンフッド・マーケッツHOOD921.10%380.36%139.9%
33アマゾンAMZN11.09%11.17%-3.9%
34スナップSNAP521.06%941.88%-45.1%
35ファーフェッチFTCH911.03%951.28%-4.2%
36衆安在線財産保険60606400.84%1,3421.99%-52.3%
37イエーカー99236070.67%8331.08%-27.2%
38カスピ.kzKSPI210.66%220.69%-4.2%
39HDFC銀行HDB240.51%250.48%-4.2%
40国債 3760.10%8590.23%-56.2%
41アリババBABA00.01%150.79%-98.7%
42南アフリカランド 00.00%00.00%0.0%
 美談369000.00%1401.10%全売却
 平安健康医療科技183300.00%3550.91%全売却
 BASE447700.00%2550.80%全売却
 アルファベットGOOG00.00%10.53%全売却
 チャールズ・シュワブSCHW00.00%20.03%全売却
 KEホールディングスBEKE00.00%00.00%全売却

 

旗艦ファンドであるARKKとの比較は、以下の通りです。

保有比率上位10銘柄のなかで重複している銘柄は、スクエア、ショッピファイ、トゥイリオ、コインベース・グローバルです。

 ARKFARKK
1スクエア(10.6%)テスラ(10.8%)
2ショッピファイ(6.4%)テラドック・ヘルス(5.6%)
3コインベース・グローバル(5.1%)ロク(5.2%)
4ジロー・グループ(4.9%)コインベース・グローバル(4.8%)
5シー・リミテッド(4.9%)ユニティ・ソフトウェア(4.7%)
6ペイパル(4.7%)スクエア(3.9%)
7メルカドリブレ(4.3%)ショッピファイ (3.9%)
8アディエン(4.2%)ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(3.9%)
9トゥイリオ(3.6%)スポティファイ(3.6%)
10オープンドア・テクノロジーズ(2.9%)トゥイリオ (3.6%)

 

保有比率上位10銘柄の株価上昇率(ドルベース)は、以下の通りです。

2021年8月は、8銘柄がプラスとなり、シー・リミテッド等4銘柄が20%程度の高い上昇率となりました。

年初来でみると、主力のスクエアは+23.2%、ショッピファイは+34.7%、シー・リミテッドは+70.0%、アディエンは+43.5%と好調な一方、ジロー・グループとオープンドア・テクノロジーズは20%超のマイナスです。

 

保有比率上位10銘柄の最大ドローダウンは、以下の通りです。

10銘柄中2銘柄が▲50%超の最大ドローダウンとなっています。

 

ARKFのリターン推移

2021年8月のARKFの価格上昇率は+6.3%と、S&P500(+2.9%)を上回りました。

年初来では、ARKFの価格上昇率は+8.3%と、S&P500(+20.4%)を下回りました。

過去1年間では、ARKFの価格上昇率は+33.4%と、S&P500(+29.2%)を上回りました。

ARKF

 

旗艦ファンドであるARKKとの比較は、以下の通りです。

ARKKと比較して、ARKFはボラティリティが低い傾向にあります。

過去1年間では、ARKFがARKKを上回りました。

 

2019年2月から2021年8月のドローダウン(最高値からの下落率、月末株価)の推移は、以下の通りです。

 

(参考)株価の推移(月末株価)

通常の目盛り表示の場合、近年の株価のブレ幅(上昇もしくは下落)が過去より非常に大きいと錯覚するため、対数目盛りで表示しています。

 

アーク・イノベーションETF(ARKK)の組み入れ銘柄とリターン推移(2021年8月末) ハイパーグロース株中心
会社概要 アーク・インベスト・マネジメント(ARK Investment Management LLC) ホームページ:リンク先 国:アメリカ アーク・インベスト・マネジメント(A...
アーク(ARK)助言をもとに、非接触型ビジネス関連銘柄へ投資するデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの特徴
ファンド概要 デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(愛称:ゼロ・コンタクト) ホームページ:リンク先 設定日:2020年7月31日 信託期間:2030年6月7日まで ...
VT(バンガード世界株式ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2021年6月末) 銘柄数は9,000超
会社概要 バンガード(Vanguard) ホームページ:リンク先 国:アメリカ バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデック...
VTI(バンガード米国株ETF)の特徴と組み入れ銘柄、配当・リターン推移(2021年6月末) 3,800銘柄へ投資
会社概要 バンガード(Vanguard) ホームページ:リンク先 国:アメリカ バンガード(Vanguard)は、アメリカに本拠を置く、1975年に設立された、低コストのインデック...
レバレッジ型ETFや投資信託のデメリットは、もみ合い(レンジ)相場に弱く、投資効率を悪化させる
レバレッジ型ETFや投資信託の特徴 レバレッジ型ETFや投資信託は、日経平均など対象とする指数(原資産)の値動きの数倍の変動を同期間で達成するように、先物取引などを用いて運用する金融商品です。 例えば、日経平均レバレッジ(2...
タイトルとURLをコピーしました